デサント社長、退任へ【気になるニュース】

スポンサーリンク

デサントの社長、退任へ

ついに、ですね。

ほぼ、予想された展開通りかと思います。

これまでの経緯

このデサントと伊藤忠の確執は

昨年秋から取りざたされていました。

2018年06月   伊藤忠の岡藤会長兼CEOが石本社長と会談も決裂
2018年07月04日 伊藤忠がデサント株を買い増し。25%から3回の買い増しで29.8%に引き上げ。
2018年08月30日 ワコールホールディングス(HD)とデサントが包括的業務提携
2018年10月30日 決算会見で石本社長が伊藤忠への不信感を表明。
2018年12月   デサントから伊藤忠にMBOの提案
2019年01月31日 伊藤忠によるデサント株に対するTOBスタート。5割のプレミアムを上乗せして1株あたり2800円で買い付けを表明。
2019年02月07日 伊藤忠が仕掛けたTOBに反対する意見を表明
2019年03月15日 伊藤忠によるTOB成立。721万株(9.56%)を200億円で買い付けし、株式保有比率が30.44%から40%に上昇。拒否権をもつ3分の1を超えた。買い付けには2倍以上の応募があった。
2019年03月17日 デサントの石本社長、退任へ。

誰のための独立か?

2013年、現社長が就任したときから、

この確執はあったようです。

そもそも、現社長の就任を伊藤忠側が知らなかった。

それに役員をもっと送り込みたかった。

6年間の、お互いのすれ違いが膨れ上がり、

収集つかない事態となったということでしょうか?

デサントは伊藤忠を敵に回して、勝てると思っていたわけでしょうか?

もしそうなら、デサントの見込みは甘すぎるとしかいいようがありません。

もっと、したたかに、大局を見れなかったのでしょうか?

本当は社員のため、ブランドのために

独立という道を考えたのではないでしょうか?

それがいつしか、独立することが目的になってしまった。

それが敗因の原因だと感じます。

まとめ

社長の退任が決まったことで、

デサントの社員もブランディングも

伊藤忠の手に委ねられることになってしまいました。

両社のプライドで、ブランドが毀損されないことを

心から祈りたいと思います。

ファッションやニュースに興味があるなら、以下の投稿はいかがですか?

この記事を書いた人

長峰 市果

長峰 市果

人との出会いを大事にしています。将来はわたしの周りに集まる人々との間で大きなビジネスが作れたらうれしいなと思っています。詳細はこちらから。