fitbit senseの保護シート選びに注意!

スポンサーリンク

fitbit sense専用の保護シートを選びましょう

iPhoneを買うときは必ず

保護シートを買う人です。

fitbit alta HRを買ってすぐ

表面を傷つけてしまったので、

スマートウォッチでも保護シート派です。

fitbit senseを購入するときに

同時に保護シートを買ったのですが、

大失敗でした。

 

fitbit versa3との汎用性がある保護シートに注意

amazonの商品のタイトルに

fitbit senseと入っているものを買ったのですが、

versa3とサイズが一緒だからというだけで、

senseの名前が入っているから注意が必要です。

実際、最初にわたしが使ったのは、透明で

時計部分をすっぽりとかぶせて使う

保護シートのものでした。

 

ところが、これをして、皮膚電気活動をやろうとしても、

fitbitが反応しないのです!

どうやら手のひらの温度を測るのに、

時計の両はしがセンサーになっているようです。

そこをすっぽりかぶせてしまっては

fitbit senseを使う価値が半減してしまいます。

ということで、これから買われる人は、時計部分だけをカバーする

保護シートがおすすめですよ。

 

こういうのは、実際に体験してみたいとわかりませんね。

保護シートを変えてから、皮膚電気活動ができるようになりましたよ。

購入するときは、お気をつけて!

この記事を書いた人

れもんはーと

ブログをがんばるの、やめました。つれづれに綴っていきまーす。プロフィールの詳細はこちらから。