留守電には正しいメッセージを入れて!

スポンサーリンク

どうしてみんな留守電に正しくメッセージを残さないのでしょうか?前職では電話がかかってきたときに、取材中などで出れないことがよくありました。留守電が残っていないものは、たいていかけ直さなくても、解決したか、至急の用事ではないとき。社内からかかってくる電話も多かったので、戻ってから要件をチェックするので事足りていました。

ところが、やっかいなのは、留守電に残したメッセージが「●●です。折り返しお電話をください」というもの。社内の人からの電話なら「●●です」と名乗らなくても、着信をみれば誰かはわかります。時間を使って留守電に繋げているのに「折り返してください」程度なら、ショートメッセージでくれたらいいのです。留守電に残すぐらいだから、重要な伝言だと思うのが普通ではないですか。だから、がっかりするわけです。

仕事のときのメッセージは「●●とクライアントから言われたのですが、どうお答えすればいいかと思い電話しました」ぐらいの要件は残してほしいものです。そう、具体的な案件を言って欲しいのです。そうすれば、お互いタイミングが悪くて、何度も折り返して内容を確認しなくても、メールでさっと指示を出すことができるからです。

こういう電話の使い方って、やはり会社で教えるべきものだと思うのです。特に新卒で入る会社で。そうしなければ、電話の折り返しを待つだけで1時間以上を浪費してしまうような仕事のスタイルになってしまうでしょう。上司にとっても部下にとっても、時間の無駄なだけです。

スポンサーリンク

ところが、留守番電話のメッセージぐらいで目くじらを立てている場合ではありませんでした。最近では、「電話に出るのが怖い」という新人が増えました。どうやら、固定電話が家にあっても、友人とは携帯で話していたという世代が大人になったようです。固定電話しかなかった我々は友人に電話するにも緊張したものです。大好きな男の子の自宅に電話するときなら、なおさらです。そういう経験がなければ、固定電話に出るのは。そりゃ怖いでしょう。電話の取り方を教えなければならないなんて、便利になると教えなければならないことも増えるのね、と実感しています。しかし、もう数年もすれば、固定電話なんていう存在はなくなり、電話の取り方講座なんて消滅してしまうのでしょうね。

携帯電話すら、なくなるかもしれませんね。ネット上ではかの堀江貴文氏が「電話してくる人とは仕事するな」(東洋経済オンライン)と論じて話題になっています。電話をかけてくる人は時間泥棒だ!という論調です。その論調に対する考えはまた後日書くとして、電話がなくなるのはいつ頃でしょうね?10年後、20年後、30年後?いや、10年も必要ないかもしれません。そう考えると、人と人をつなぐコミュニケーションの仕方もどんどん変わっていくのでしょう。その時代の変化についていかなければ、人と人を繋ぐお仕事をしたい、なんて言ってられないのかも!とちょっと現実に戻された私でした。

スポンサーリンク