台風の対処でわかる会社の器量

スポンサーリンク

選挙一色のテレビ番組ですが、超大型で非常に強い台風第21号が近づいています。明日23日月曜日の通勤時間帯に台風が直撃すると報じられています。

明日の出勤をどうしようかなと思っていたら、さすが弊社、幹部から明日は無理して出勤せず、自宅で待機するようにとのメールが回ってきました。こういうところ、弊社はとても効率的で合理的。この会社でよかったと思う瞬間です。

かつて所属していた会社では、朝から台風が直撃だとわかっているのに、なんの連絡も来ず、私が痺れを切らして幹部に直接電話をして、自宅待機というメールを回したことも、しばしばありました。何も言われていない社員は、普通なら1時間で通勤できるところを、運休している電車を避けて、地下鉄など動いている電車を別のルートを使って乗り継ぎ、2時間、3時間もかけて出社していました。それが当たり前という風潮もありました。

スポンサーリンク

もちろん、ネットがそれほど発達していない時代なら、それも仕方がなかったかもしれません。でも、今はいつでもどこでも、仕事ができる時代です。テレワーク的な環境を整え、時間よりもアウトプットを重視するという風土を育てるというのも、会社としてやるべきことではないかなーと思います。

みなさんの会社はいかがでしょうか?この状況なのに、まだ連絡が来ていない会社に勤めている方は、一度いろいろ(笑)考えてみたほうがいいかもしれませんね。

スポンサーリンク