夜景よりも夕陽

もうここから引っ越ししますが、実は高層マンションに住んでいます。引っ越しを決めたら、たまたま夜景が綺麗な物件だったのですが、今日みたいな台風一過はとても綺麗です。星を散りばめたような、という表現がピッタリの。

実は2年ほど前にも、美しい夜景に定評のある高層マンションに住んでいました。その時は夜景が観たくてそのマンションに決めました。疲れた身体にせめて夜景ぐらいあってもいいのではと。お風呂からも夜景が見える部屋でした。世界を制覇したような気持ちになれる、素敵な部屋でした。もちろん、そのビュー込みの家賃で、私の収入では背伸びしなければ払えないような額でしたが、当時はそれでいいと思っていました。

ところが、1年を通すと半分は雨とか曇りで景色がイマイチなのです。そこで悟ったのです。景色にお金を払うべきではないと。

夜景にお金を払っているつもりなく、今のマンションに決めたのはいろんな理由がありますが、それでも夜景が美しいと癒されます。

でも、今は価値観が変化していて、それよりも美しいのはせとうちの夕陽だと思うのです。しばらくせとうちの夕陽を観ていませんが、観たいなーと思います。

人工的なものは、自然にはやっぱり勝てないのだなーと思いつつ、今夜の夜景を楽しんでいます。