古文が嫌いだった

スポンサーリンク

ブログ@通勤です。横に座っている女子高生が、プリントとにらめっこしています。

「まじ」は打ち消し。
「じ」は否定語。
「む」は肯定語。
「べし」は肯定語で「む」よりも強い。

懐かしい。

私は高校生の頃、国語が得意で古文が苦手でした。

ある時、両方を担当する(そして部活の顧問でもあった)先生に呼ばれました。

「国語ができるのに、古文ができないなんて、コツコツ勉強していないからです」。

先生が正しすぎて。絶句しました。

卒業までテストの点数は上がらなかったけど、それから少し、古文に対する姿勢は変わりました。

あの先生、どうしてるかな??

via PressSync

この記事を書いた人

長峰 市果

長峰 市果

人との出会いを大事にしています。将来はわたしの周りに集まる人々との間で大きなビジネスが作れたらうれしいなと思っています。詳細はこちらから。