コバンザメはサメではない!?

スポンサーリンク

「沖縄美ら海水族館」に行ってきました。あまり期待はしていなかったのですが、友人がどうしても行きたいというので。

ここの目玉はジンベイザメ。優雅に水槽を泳ぐジンベイザメを見ていると、こちらも豊かな気持ちになってくるから不思議です。メスとオスと2匹います。

ちょうど、ダイバーが入って水中カメラで魚たちをズームしながらの解説の時間にあたりました。

わかりますかね?写真のジンベイザメには魚がたくさんくっついています。メスのほうが多く引き連れていました。母性がそうさせるのでしょうか?人間社会にも通じるものがあるなーと思いながら。

ジンベイザメの右のヒレにぴったりとついている魚が気になりました。それがコバンザメなんですね。

スポンサーリンク

なんでも頭の部分に吸盤があって、それでピタッとジンベイザメにくっつくことで、楽に海の中を泳ぐことができ、また自分を食べる他の魚から身を守っているのだそうです。

そして説明のお姉さんいわく「コバンザメはサメではないんですよ。サメにくっついているので、サメという名前がついていますが、スズキの一種なんですよ」。

知りませんでした。自分一人だと絶対、水族館には来なかったでしょうが、友人の興味で自分も面白いものを見れました。人に付き合うのも時には発見があって楽しいものです。

ちょっとだけコバンザメに興味が湧いて来たので、機会があったら他の水族館にも行ってみようと思います。

スポンサーリンク