【逆算手帳:My Wish List 】「お金持ち」と「大富豪」は違うのか?

スポンサーリンク

私のMy Wish Listのトップにはお金のことがずらっと並んでいます。

1. お金持ちになりたい
4. 大富豪になりたい

「”お金持ちになりたい”と”大富豪になりたい”は一緒じゃないの??」とある人から突っ込まれました。

ほんとうだ、なんで2つあるんだろう???

「いや、一緒ですね」とその場では答えたものの。。。

大富豪は国境を越える

「お金持ち」とは、私にとっては本人にとって豪邸と思えるぐらいの広さの家に住み、好きなときに海外旅行に長期で行けて、もちろんそれはビジネスクラスで。食べるものにも困らないので、「裕福」というのが、私にとってのお金持ちの意味のよう。ローカル(つまりは日本)レベルでのお金持ち程度。

スポンサーリンク

ところが「大富豪」という言葉は私にとっては「国境を超えるイメージ」。世界を相手にしているので、ただの裕福な人ではなくて、世界の中でもお金持ちというレベルを表現しているみたいです。あとは、困っている人を助ける、人や企業の将来性に投資するというイメージもあるみたいです。

「お金持ち」は自分のためにお金を使う人、「大富豪」は人のためにお金を使う人、ってことかな?

まとめ

両方残しているということは、本人の中で同じではないと認識しているからですよね。同じなら、清書の段階でどちらかを落としていたはず。

こういう本人の無意識がMy Wish Listで明らかになるなんて、面白い。

逆算手帳ってほんと、奥が深いです!

スポンサーリンク