エアバスが超大型機の生産中止?【今日のニュース】

航空業界を二分しているのが、ヨーロッパ代表の「エアバス」とアメリカ代表の「ボーイング」ですね。

そのエアバスば大型機の生産中止を考えているようです。

ボーイングへの発注が減り、エアバスが独り勝ちと言われているので、エアバスで需要がなければ、世界的に需要がないと考えることができると思います。

これからはもっと中小型機、いわゆるMRJも目指しているリージョナルジェットの需要が増えるのだろうなと思いますが、それだけに各国間の競争も激しくなりそうですね。

リージョナルジェットのニュースはこちらもどうぞ↓