23年という月日

スポンサーリンク

unsplash-logoAaron Burden

あれから23年か。

当時生まれた子供たちが、就職して社会人になるような年齢。

もうそんなに時間が経過したのかと思うけど、まだ傷は癒えない。

この記事を書いた人

長峰 市果

長峰 市果

人との出会いを大事にしています。将来はわたしの周りに集まる人々との間で大きなビジネスが作れたらうれしいなと思っています。詳細はこちらから。