未経験だけど人事がやりたい!

スポンサーリンク

人事をやりたい!

前職では全く違う仕事をしていたので、「なぜ今になって人事?」と友人たちが聞いてきます。

でも、マネジメントを手がけていたわたしにとっては、人事もマネジメントも同じような仕事なのです。

人事もマネジメントも「人」を扱うという意味では似ているわけです。

マネジメント職の場合、仕事の割り振りにそれぞれの部下の個性、好き嫌いを見極めるのが仕事でした。

せっかくなら好きな仕事を割り振るべき、というのが私の考えです。

なぜなら、好きな仕事、得意な仕事って早く終わらせることができるし、楽しく仕事に取り組めるから。

不得意なことをやらせる、という方針の上司もいると思いますが、仕事の時間は限られています。

それなら、不得意なことをさせて苦労させて時間を使わせるよりも、

すいすいと仕事をしてもらって早く帰ってもらったほうが、みんなハッピーだと思うわけです。

スポンサーリンク

ゆえに、数字が得意な人には数字の仕事、夜型の人には夕方から始まる仕事、と担当してもらっていました。

マネジメントも人事も「人」を主役に考える

人事という仕事も基本は一緒だと考えています。

ただ、マネジメントと立場が違うので、

「会社にとって役立つ人材かどうか」という見方ではないということ。

万が一仕事ができない社員がいたとしても

「チームとして考えた場合に、この人がチームに存在する意義はなんだろうか」という観点で

サポートしたいと考えています。

その上で、それぞれが実力をいかんなく発揮できる職場環境を整える、

それが人事の仕事だと私は思うのです。

最終的には、どんな仕事でも、仕事の主役は「人」です。

そう考えると、人事がわかれば、仕事が、会社がわかると思うのです。

スポンサーリンク