「とりあえずビール」をやめてみた。でもお酒は諦めない【今回こそは!のダイエット】

スポンサーリンク

ビール大好き!でした

「とりあえずビールは当然だよね!」。だらだらダイエットをしていたときも、こんな風に考えていました。1杯目の「のどごし」はたまりません!でも、ビールばかり飲むと、酔ってしまうので、梅酒に切り替えていました。ビール2杯のあとは梅酒2杯が定番でした。

糖質制限ダイエットを始めてわかったのですが、ビールの糖質は200mlに対して6.2gもあります。つまり生中1杯を300mlと9.3g、2杯で18.6gにもなります。糖質制限をしているときの糖質の目安は3食で130g。つまり、1食分の半分弱を2杯のビールで摂取してしまうことになります。これでは、唐揚げやだし巻卵などの糖質を楽しむ余裕がありません。

ちなみに梅酒はコップ1杯で12.4g。ビールの3倍です。ということは、私は1度の食事会で55.8gの糖質を摂取していたことになります。あー、知識がないって恐ろしい。。。

シャンパンも好き!

シャンパンを飲むとなぜか幸せな気持ちになります。前職ではシャンパンを飲む機会が多く、シャンパンが好きになりました。プロフィールにも書いていますが、大好きなシャンパンの銘柄は「ルイナール」。でも高いので「ヴーヴ・クリコ」にもお世話になっています。

そこから、お祝いのとき、そしてお祝いじゃなくても、「とりあえずシャンパンで乾杯!」という機会も増えていきました。シャンパンを飲んだあとは自然とワインに流れます。不思議とビールを飲みたいとは思いません。

そうか、シュワシュワするのが好きなんだ、とわかったのです。

とりあえず「ビール」からとりあえず「ワイン」へ

「ビールの糖質が高いことはわかった。でも、友人との食事会でお酒は諦めたくない」と考えました。そこで目をつけたのが、ワインです。ワインの糖質、思ったよりも低いのです。

お酒の種類 糖質
ビール 中ジョッキ(300ml) 9.2g
白ワイン グラス1杯 2.0g
赤いワイン グラス1杯 1.5g
スパークリングワイン グラス1杯 2.4g
ハイボール 1杯 0.0g

単純計算ですが、ワイン4〜5杯でビール1杯分の糖質です。これなら安心して飲めるではないですか!!

スポンサーリンク

ということで、ある時から「今日はビールじゃなくてワインの気分!!」と宣言し、最初からワインを飲むようになりました。

白ワインが好きな私ですが、お肉のときには赤ワインを飲むようになりました。かつて、赤ワインを飲むと翌日二日酔いがひどかったのですが、どうやらビールとワインをちゃんぽんしていたからのよう。。。ワインだけ飲むようになって、赤ワインで二日酔いになることがなくなりました(ま、控えめに飲んでますしね)。

本当はハイボールが一番いいんですよ、ダイエットには。蒸留酒に置き換えられないの??といろんな人に言われますが、ウィスキー、そんなに美味しいと思えないのです。それに「ハイボール!」っていうと、あ、この人ダイエット中なんだーって私でも思ってしまうし。どうしてもビール、というときは、ノンアルコールビールという手はありますね。糖質オフのものが多いので。

ワインにすると食べ物のオーダーも変わる!

ワインにすると、オーダーする食べ物も変わりますよ。ビールだと唐揚げとか天ぷらとか食べたくなりますが、ワインに合わないと考えるからなのか、誰もオーダーしなくなります。ワイン!というと、「じゃー、ボトル開けちゃう??」となるし、友人の中では意外とワイン好きも多いので、「とりあえずワイン」で今のところ、困りません。

あと食べ方も、最初に野菜を食べたり、付け合わせで付いている残りがちな野菜を積極的に食べ、お刺身、お肉中心で、お腹いっぱいになってから、炭水化物を少しだけ食べるという風にすると、翌日体重計に乗ってビックリ!!ということがなくなりました。

まとめ

*ビール1杯の糖質はワイン4〜5杯分
*今日はワインの気分!と宣言してしまう

これだけで糖質制限中の飲み会がとっても楽しくなります!

といっても、糖質制限では肝臓を働かせるため、お酒を飲むとダイエットの効果が薄れるそうですよ。赤ワイン1〜2杯ならあまり影響がないそうです。それを知って、上手にお酒と付き合えるといいですね。

スポンサーリンク