バターコーヒーが美味しくないというあなた。わたしも最初は苦手でした!

3月4日から糖質ダイエットの食事としてバターコーヒーを取り入れ始めました。

コーヒー好きなので困惑した

コーヒーがかなり好きな方です。1日に2〜3杯は飲みます。ライター時代はもっと飲んでいましたね。5杯以上は。。。

最近はそこまでコーヒーを飲んでモチベーションをあげなくても仕事ができるようになったので、減ったのだと思います。でも好きなのは変わりません。

コーヒーに牛乳を入れるのが大好きで、そのためだけに冷蔵庫に牛乳を欠かしたことがありませんでした。ブラックコーヒーが飲めないことはないのですが、打ち合わせなど仕事以外では無理には飲みません。朝、家で好きな濃さに淹れて牛乳を入れて飲むのが大好きでした。

バターコーヒーはクリーム入りのコーヒー?

ダイエットのためならとバターコーヒーを始めました。コーヒーが好きなら大丈夫と言われましたが、最初のひと口目の感想は「まあまあ」。飲めないわけではないが、好んで飲む味でもない。ま、仕方がない。ダイエットのためだからね、という感じでした。

油が浮いていたり(MCTオイルが入っているから当たり前ですね 笑)、バター臭がしたり、クリーミーすぎたり。MCTオイルとギーを入れてかくはんするので、淹れたても飲めない!!ダイエットが終わったら、すぐにでもやめたい、というぐらいでした。

続けると美味しくなってくる不思議

それが毎朝続けていると、だんだん味に慣れてくるわけです。体重を落とすべく休日は朝昼にバターコーヒーにしていますから、わたしの主食になりつつある(笑)。すると、どんどん味に慣れていくわけですね。そして心待ちにするようになる。

先日久しぶりに牛乳入りのコーヒーを飲みました。大好きな!ところが「苦い」のです。ずっと、それこそ10年以上も飲んでいた味なのに。それ以来、2度と飲もうと思ったことはありません。

まとめ

慣れるとダイエットも続けやすいので、いいことだと思うのですが、10年以上の習慣がわずか1ヶ月で変化するのも面白いなと思いました。対応力があるとも言えるということでしょうかね。バターコーヒー、美味しくないと思っていても、きっとあなたも慣れますよ。大丈夫!