なぜフィットビット アルタ HR(Fitbit Alta HR)にしたのか?Flex2、Charge2と比べてみた

スポンサーリンク

前のブログでフィットビット アルタ HR(Fitbit Alta HR)を購入した話を書きました。

腕時計嫌いの人にもオススメ。Fitbitは超軽で睡眠時間も正確に記録

ですが、すぐにこの機種に決められたわけではありません。機能の違いについてはネットで調べましたが、結局わからず店頭の販売員の方に教えていただきました。

続けるために軽さは、まず重要なファクターでした。前のブログで書いたように、私は腕時計が嫌いで、Apple Watchもすぐにつけるのをやめてしまったという経緯があります。

しかし軽いだけでは意味がない。そもそも私がFitbit AltaHRを購入したいと思った一番の理由は健康のために睡眠の質を上げたいというのが主な目的でした。そこで軽そうな3機種のFlex2、AltaHR、Charge2の機能を比べてみました。

スポンサーリンク

Flex2、AltaHR、Charge2の比較

商品名 Flex2 AltaHR Charge2
睡眠 睡眠時間と睡眠の質を自動で検知し記録 浅い睡眠、深い睡眠、レム睡眠の時間を自動的に記録 浅い睡眠、深い睡眠、レム睡眠の時間を自動的に記録
運動レベル ランニングやサイクリングなどの運動をモードの切り替えなしに記録することができる ランニングやサイクリングなどの運動をモードの切り替えなしに記録することができる ランニング・クロストレーニング・有酸素運動など特定のエクササイズを記録し、運動強度や消費カロリーなどの総合的なトレーニングスコアを表示
軽さ

AltaHRとCharge2の違い

販売員の方曰く、AltaHRとCharge2の差は、Charge2のほうが階段の上り下りといった特定のエクセサイズに分類して記録してくれるとのこと。それ以外はAltaHRと一緒とのことでした。階段の上り下りよりもまず、エクセサイズに馴染まなければならない私としては、ランニングが何時間など細かい感知はまだ必要ないなーと思ったのでAltaHRに軍配。

AltaHRとFlex2の違い

表を見てわかるように、この2つの違いは睡眠。AltaHRよりも軽いFlex2では、睡眠の質が測れず、浅い睡眠、深い睡眠、レム睡眠と細かく分析してくれるのは、AltaHR。ということでAltaHRに軍配。

まとめ

こういう結果をへて、AltaHRに決めました。使って1週間ですが、いまのところ睡眠の質をしっかりと測って分析してくれるので、満足しています。また経過報告しますね。

スポンサーリンク