Fitbit Alta HRを購入したのは、睡眠前のスマホチェックをやめたかったから

前のブログで紹介したように、Fitbit AltaHRを購入しました。
理由の1つが睡眠時間や睡眠の質を知りたかったということでした。そしてそれに関連するのですが、寝る前のスマホチェックをやめたいというのがありました。

Sleep CycleやSleep Meisterを使うには、携帯を枕元に置かなければなりません。そうなると、眠れないときなどはスマホをつけて、メールやSNSのチェックを始めてしまうのです。そしてさらに眠れなくなります。ダメだと思っていても、近くにあるのですから、つい手がの伸びてしまいます。

そして、寝る前の寝る前にPCやスマホのブルーライトを浴びると、睡眠障害を招くということもわかってきました。せっかく睡眠の質をあげたいのに、スマホが近くにないと睡眠時間を計測できないなんて、矛盾していますよね。

それを解決するためにもFitbit AltaHRでした。

といいながら、実際は携帯をまだ枕元において就寝していますが、Sleep CycleとSleep Meisterをセットしたら、すぐに寝るようになりました。なぜって、Sleep CycleとSleep Meisterが正しくセットされているかを見直す必要もなくなりましたし、セットを忘れてもFitbit AltaHRが正しく計測してくれるだろうという信頼が出てきたから。

まだ習慣が抜けずにSleep CycleとSleep Meisterをセットしていますが、もう少し経てば、Fitbit AltaHRに完全に移行できるでしょう。

睡眠の質を測るためにも、睡眠の質を上げるためにも、私にとってFitbit AltaHRが必要だったのです。