100円ショップで「買うもの」「買わないもの」の基準はなんですか?

100円ショップは新生活に便利

新生活が始まったので、とりあえず100円ショップで!と揃えている人は多いと思います。

先日、iPhone の充電器を忘れてしまったので、同僚に充電・送電のケーブルを借りました。

出てきたのは巻き取りタイプでとてもコンパクト。便利でした。

返すときに「これいいですね」というと、100円シップで買ったんですよと。

やっぱり100円ショップってすごいな、と思いました。

100円ショップで買いたくないものも

ところが、別の友人にお弁当箱を100均で買ったと聞いたときに、

「えー、ありえない!」と思いました。

お弁当、絶対に100円ショップで買わないよ。

だって、口に入れる食べ物を入れる箱でしょ?そう思いました。

キッチン用品は判断が難しい

キッチン用品は全て買うとと高いので、100円ショップで揃える人も多いと思います。

わたしもキッチン用品は買うときがありますね。

なぜでしょう?

よく考えたら、口に入れるものを作るツールでした。

お弁当と何が違うのでしょうか?

わたしのなかに勝手な線引きがあるみたいです。

でもやっぱり100円ショップは楽しい

昔は買わなかったもので、買うようになったものもあります。

それは文房具。昔は市販品より高かったから。

でも、いまはマステなどは安いだけでなく柄もかわいいなど、進化しているので使いますよ。

100円ショップはいま何が流行っているかもわかるので、見ていて楽しいのです。

買う、買わないの基準はあっても、やっぱり定期的にチェックしに行くんだろうなー。

via PressSync