「ドリス ヴァン ノッテン」をプーチグループが買収

スポンサーリンク

「ドリス ヴァン ノッテン」が香水に強いプーチグループに買収されましたね。

「ボッテガ・ヴェネタ」のデザイナー交代も驚きましたが、今週はニュース満載でした。

「ドリス ヴァン ノッテン」の身売りは正解だと思う

個人的には、いい身売りだったと思います。

このグループ、ブランドの個性を大事にする印象です。

資金をふんだんに投入する、というわけではないけれど、

香水が売れれば、ブランドも潤うという仕組みなのかな。

いわゆる王道のファッションビジネスを今も貫いています。

変にブランドの個性を変えたりしたこともないので、

ドリス ヴァン ノッテンさんはやっぱり賢いな。

プーチグループとは?

プーチグループのウェブサイトから引用します。

The company’s strong performance has resulted in substantial growth and revenues of €1,935 million in 2017. Puig success stories include a combination of owned brands such as Carolina Herrera, Nina Ricci, Paco Rabanne, Jean Paul Gaultier, Penhaligon’s and L’Artisan Parfumeur; licenses such as Prada, Valentino, Christian Louboutin and Comme des Garçons; and Lifestyle fragrances.

2017年は売上高が1935万ユーロと素晴らしい業績を残した。プーチグループの成功は自社ブランドとライセンスブランド、およびライフスタイル系香水のコンビネーションがうまく行っていることも要因の一つだ。
自社ブランド:キャロリーナ・ヘレラ(ファッション・香水)、ニナ・リッチ(ファッション・香水)、パコ・ラバンヌ(ファッション・香水)、ジャンポール・ゴルチエ(ファッション・香水)、ペンハリガン(香水)、ラルチザン パフューム(香水)
ライセンスブランド(全て香水のみ):プラダ、ヴァレンティノ、クリスチャン ルブタン、コム・デ・ギャルソン

どんなブランドを持っているか見てみよう

上にも書きましたが、プーチグループが持っているファッションブランドはこんな感じ。

パコ・ラバンヌ(Paco Rabanne)

3月に行われたパリ・コレクションから。

キラキラ光るスパンコールパネルはブランドを象徴するモチーフのひとつですね。

スポンサーリンク

2013年にジュリアン・ドッセーナをデザイナーに迎えました。

彼はバレンシアガ時代にニコラ・ゲスキエール(ルイ・ヴィトンの現デザイナー)の右腕だったようです。

ブランドの若返りに成功しているように見えます。

キャロリーナ・ヘレラ(Carolina Herrera)

メーガン妃が最近着用されて、話題です!

これから売り上げが伸びそうです!

ニナ・リッチ(Nina Ricci)

ウェブのデザイナー一覧にニナ・リッチのデザイナーがないなと思ったら。。。

ギョーム・アンリが今年の3月に退任していました。

次はまだ決まっていないよう。

ジャンポール・ゴルチエ(Jean Paul Gaultier)は説明する必要もない著名ブランドと思うので、割愛!

今後で注目はルブタンの香水&化粧品

個人的に楽しみなのは、クリスチャン・ルブタンの香水&化粧品です。

これまでは自社で作っていたようなのですが、

大資本と一緒にやることで、パワーアップしそうです。

香水も楽しみだけど、化粧品のほうがもっと楽しみ!

まとめ

改めてプーチグループ(PUIG GROUP、プイグと読み間違えそうになりますが)を見て見ると、

いいブランドがたくさんあるねーって感じ。

とにかく、「ドリス ヴァン ノッテン」があのままの個性を保てるよう

祈るばかりです!

ファッションブランドに興味があるなら、以下の記事もいかがですか?

YOOX.COM(ユークス)

スポンサーリンク