9:00〜18:00勤務時間というのはいい会社か?【就職・転職】

スポンサーリンク

これまで4社ほど在籍してきました。

1日8時間勤務といっても

転職するたびに、新しい会社に慣れるのが大変ですが、

実は重要視すべきだなと思ったのは会社からの拘束時間です。

就職の条件であまり注意深くみていなかったのですが、

どの会社も1日8時間勤務、1時間休憩を掲げていました。

労基法の定めをおさらい

なお、労働基準法で就業時間は以下のように定められています。

【労働時間、休憩、休日】
・使用者は、原則として、1日に8時間、1週間に40時間を超えて労働させてはいけません。
・使用者は、労働時間が6時間を超える場合は45分以上、8時間を超える場合は1時間以上の休憩を与えなければいけません。
・使用者は、少なくとも毎週1日の休日か、4週間を通じて4日以上の休日を与えなければなりません。

週休2日が当たり前だと思っていたわたしは

人事担当になったときに、この労働基準法の文面に

かなり驚きました。法律に従えば、休みは週1日でOKなんですね。。。

ポイントは休憩時間

そして労働時間です。

わたしがこれまで勤めた会社は以下のような勤務時間でした。

A社 09:15-17:15

B社 10:00-18:00

C社 09:00-18:00

D社 09:00-17:00

実はC社に入ったとき、休憩時間を含まず8時間労働という

労働時間の設定でした。

9:00-18:00勤務、結構きつかったです。

そのとき初めて、これまでの職場は恵まれていた!!

ということに気づきました。

終業17時は大きなメリット

D社に移った今は終業が17時というのに助けられています。

アマゾンの配達時間もそうですが、

17時に会社を出ることができると

帰宅ラッシュの前に電車に乗れますし、メリットは大きい。

まとめ

17時終業は嬉しい!といいながら、

個人的にはB社ぐらいの遅いスタートで

朝ゆっくりできる勤務スタイルが希望です。

しかし、平成も終わる今、こんな時間に縛られる会社に

スポンサーリンク

勤務するなんてダメですよ!

だって、昭和の考え方を平成も終わろうという今

古い勤務スタイルをまだ守っているわけですから。

これから企業を選ぶなら、

フレキシブルな勤務時間の会社を選ぶべきでしょう。

これについてはまた次に書きたいと思います。

まずは勤務時間の8時間に

1時間の休憩時間が含まれるかどうか、

会社を選ぶ前に確認してみてくださいね。

「就職・転職」に興味があるなら、以下の記事はいかがですか?

スポンサーリンク