「Osho Zen Tarot 和尚禅タロット」で自分の心と対話:ALONENESS(独りあること)

スポンサーリンク

おはようございます。

今朝引いたカードはこれ!

今朝の1枚は「ALONENESS(独りあること)」。

3回目です。

カードを見て感じたこと

久しぶりのカードです。

またここから新しい道を歩いていくのですよ、

ということだと感じます。

カードの意味

解説で気になったのは以下のくだり。

このカードの謙虚な人物は、内側から発する光では輝いています。人類のスピリチュアルな生のゴータマ・ブッダの最も重要な貢献のひとつは弟子たちに「自らの光となりなさい」と強調したことです。究極的には、どのような仲間も、地図も、あるいはガイドもなく、暗闇を進む自分たちの道を作る能力を、私たちひとりひとりが自分の内側で開発しなければならないのです。

スポンサーリンク

まとめ

独りだけど、独りじゃない。

そんなメッセージを受けました。

自分の旅は自分の足で行かないと。

そういう人が多く誕生していて、

それぞれが新しい道を歩み始めている。

仲間はたくさんいる。だから孤独じゃない。

みなさまもよい1日を!

「OSHO ZEN TAROT」に興味があるなら、以下の記事はどうですか?

スポンサーリンク