有給ではない休みを味わった1日【日記ブログ】

スポンサーリンク

今日は逆算手帳の清書に明け暮れた1日でした。

とても有意義で、自分を見つめるいい時間でした。

わたしの決めた働かない日

実は今日の休み、有給休暇という形ではなかったのです。

今日は、わたしが働かないと決めた日です。

というのも、12月から独立しました!!みなさん!!!

わたしが12月から週3日しか働かない!と決めたのです。

だから、会社が与えてくれた休みではなく、

わたしが自分で決めた休日です。

ちょっと不思議な気がしました。

会社から与えられる休暇に慣れていた

というのも、これまで休みといえば、

土日祝、もしくは有給休暇。

会社から与えられている休日、という感覚でした。

有給はともかく、土日も自分がそう思っていたのだと

驚愕です!!

でも、会社の命令で、土日出勤の可能性もありますからね。。。

それが「会社から与えられた」と感じていた理由かもしれません。

でも、これからは、働くか、働かないか、自分が決められるのです。

こんな自由が存在していたなんて!!!

自由とは不安

でも、不思議なもので、どこか不安なんです(笑)。

自分で決めるということは、会社のせいには出来ないし、

会社に守ってもらえなくなるわけですね。。。

自由と同時に手に入れるこの不安。

来年はこの不安と戦っていくのですかね(笑)。

給与は減るが自由時間が増える

あ、お給料ですか?もちろん5分の3になりましたよ!

でも、5分の3になっても、自由な時間が欲しかったのです。

会社に行っていると、帰宅して、ご飯を食べて、お風呂に入ると、

ブログを書く時間もないし、家を片付ける時間もない。

食器も洗濯も平日はたまるばかり。

土日は疲れて寝ているだけで、こうした最低限の家事をなんとかやるだけ。

いい歳になってまで、こんな生活でいいのかと。

受け身の生活から脱出したかったのです。。。

仕事はどうするのか?

これまで会社に行けば、お給料の発生する仕組みでした。

同僚と無駄話をしようが、コンビニにお菓子を買いにいこうが

勤務時間中はお給料が発生しました。

この仕組みが素敵と思っていたこともありました。

でも、建設的でない仕事も多い。

特にいい歳になった私なのですが、

これまで勤めていた会社では、アシスタント的な仕事が回ってきました。

いや、そういう仕事が嫌なのではないのです。

むしろ得意(笑)。

でも、会社員人生もあと少し。

それをする時間があるなら、もっと実力がつけられたり、

会社の売り上げに貢献できる、直接的な仕事に関わりたい。

アシスタント業なら、求職している若い人に譲りたいわけです。

でも、会社に属していると、そういう雑用は付いて回ります。

だから独立しました。

独立して、自分のやるべき役割にだけ徹する。

座っていてもお給料は発生しないので

効率よく仕事をする。

週2日はやりたいことをやる。

具体的には

ブログを思い存分書く

家を綺麗に片付ける

好きなだけ本を読み、勉強をする

あー、考えただけでワクワクしますよ。

まとめ

ということで、しばらくは思い存分ブログを書ける

生活に整えていきたいなと思います!

仕事中心のライフスタイルの方、

一度考え直してみてはいかがでしょうか??

もっと楽しい稼ぎ方があるかもしれませんよ。

転職・独立に興味があるなら、以下の投稿はいかがですか

この記事を書いた人

長峰 市果

長峰 市果

人との出会いを大事にしています。将来はわたしの周りに集まる人々との間で大きなビジネスが作れたらうれしいなと思っています。詳細はこちらから。