ホットケーキが好きな理由【日記ブログ】

スポンサーリンク

糖質制限ダイエットをしていたので、

しばらく食べていませんでした。ホットケーキ。

ホットケーキを食べたのは10ヶ月ぶり?

朝、昼に糖質を摂取する生活に変えてから4ヶ月。

ようやく、糖質を食べるのに、罪悪感がなくなってきました。

むしろ、積極的に食べている。

そして少し体重が戻っている(笑)。

だって、糖質を食すると、脳の中で幸せホルモンが出てしまうから。

カレーやパンで糖質による「幸せ」を思い出したわたし。

ホットケーキを食べたいと思うようになりました。

ゆっくりな1日にぴったりのホットケーキ

今日は仕事をしない日でした。

ホットケーキといえば、幸せな朝のスタート。

余裕の朝を演出できます(笑)。

ゆえに、今日は絶好のチャンス。

自宅で作るなら食べる量をコントロールできますし。

ということで、作ってみました。

使ったのは、成城石井のホットケーキミックス。

2年前には、わたしの中でパンケーキブームがあり、

グルテンフリーも流行っていたので、

上新粉(つまりは米粉)でパンケーキを焼いていたこともありました。

レシピはこちら!

そうそう、豆腐と混ぜて作っていました。

どうして、作らなくなってしまったのかしら。。。

とか考えながら作っていたからか、

久々すぎて、牛乳の分量を思いっきり間違えました(笑)。

それでも、家にあった小麦粉をつぎ足して挽回。

なんて美味しいの〜、というのが率直な感想。

あー、幸せです、ほんと。

ホットケーキとサンフランシスコ

わたしのホットケーキの思い出、

実はサンフランシスコにあります。

サンフランシスコで語学学校に通っていたとき、

最初少しだけホームステイをしていました。

そこで出てくる朝ごはんが日替わり。

ホットケーキ、パン、中華風蒸しパン(マントウって言うんですね)、ごはんなど。

実家で朝にホットケーキを食べる習慣はなかったので、

朝から甘いものが食べられる「幸せ」を知ってしまった時でした。

それから、「余裕のある幸せな朝」=「ホットケーキ」というのが

わたしの方程式になりました。

ホットケーキを食べると、甘さとともに、

サンフランシスコの青い空、

ホストマザーの優しい笑顔、

楽しい留学生活

も一緒に思い出すのです。

そういえば、マントウも大好きでした。

あれから食べる機会がないですが、

中華街に売ってるんじゃないかしら??

真剣に探したことはなかったけれど

今度行ってみようと思います。

明日は仕事、あ”ー。

残ったパンケーキは土曜日までお預けです。

幸せな朝食に興味があるなら、以下の投稿はいかがですか?