おしゃれなお鍋が欲しい

スポンサーリンク

何年か一度に料理熱が上がります。

料理本を購入

今日もテレビに影響されて、料理本を物色。

これですね。

  

志麻さん、すごいですよね。

フランスの家庭料理が上手。

ありもので1週間分の作りおきを作る。

このスーパー主婦にあやかりたくて

本を何冊がゲットしましたよ。

ゲットしすぎ(笑)。

そういえばお鍋がほしい

他の料理本を探していたときに

目に飛び込んできたのが

ル・クルーゼ」の本。

一世を風靡したころに比べると

コーナーがすかすかでした。

新しい料理本はあまり出ていないみたい。

かわりに

ストウブ」のものが目立ちました。

さらに「バーミキュラ」は

もっとバラエティに富んだ著書がありました。

 

「ル・クルーゼ」「ストウブ」「バーミキュラ」の違いは?

「ル・クルーゼ」「ストウブ」「バーミキュラ」

名前は知っているけれど、

その違いがあまりわからないなーと思っていたら、

本屋の入っている百貨店でバーミキュラの販売員さんが立っていました。

お!チャンス!!ということで聞いてみました。

店員さんの説明は以下の通り。

3つとも鋳物ホーロー鍋です。

「ル・クルーゼ」「ストウブ」はフランス製。

「バーミキュラ」は名古屋の会社が作った日本製。

スポンサーリンク

「ル・クルーゼ」は無水鍋ではない。

「ストウブ」「バーミキュラ」は無水鍋。

ゆえに、「ストウブ」「バーミキュラ」は

機密性が高いとのこと。

「バーミキュラ」は日本製なので、

職人技が高く、機密性は他のどれよりも自信があるそうです。

また日本なので、修理もしてもらえるとのこと。

まとめ

理屈はわかりました。

だからといって、機能だけで選ぶか?というと、

それはまた別問題ですよね(笑)。

  

ヴィヴィットな色はフランス製が得意ですよね。

でも、日本人の好きそうな色はやっぱりバーミキュラ。

どれも可愛い。

買えないけど、全部買ってみたい(笑)。

しばらくは百貨店に通って、

どれにするか悩みそうです。

料理やお鍋に興味があるなら、以下の投稿はいかがですか?

スポンサーリンク