人事と広報の兼務も、いとをかし

スポンサーリンク

人事部だったんですけどね、私。

ところがあるとき、トップが懇親会の席で横にいらして一言、

「あなたはライターの経験があると聞きました。それだったら、ちょっと広報を手伝ってもらえませんか?」

「はい、上長がOKなら」と答えたものの、お酒の席です。

絶対冗談だと思っていたら、2週間後に上長に呼び出され、

広報を兼務することになりました。

そして、いまはタイミング的に人事よりも広報部の仕事が忙しい。

もちろん、人事もやってますよ。月末月初の仕事に、ピークの広報の仕事ですから、

定時に帰れるわけもありません。

仕事は好きだし、むしろ、いろいろ体験できているので、ありがたく思っています。

ですが、正直、この2つは兼務すべき仕事ではないと思います。

いや、勤務できるような仕事ではない。なぜなら、動きも全く違うし、使っている脳の部分も全く違う。

広報は外に発信し、外出も多く、外部の人とコミュニケーションし、華やかなイメージ。

人事は社員がいつでも相談できるように会社にいて、社員に寄り添う。

スポンサーリンク

彼らが最高のパフォーマンスを発揮できるような環境をを作っている、社内にこもるイメージ。

最初は、時間を決めて「これから広報の仕事」「これから人事の仕事」と分けないと、集中できませんでした。

ライターだった私にとっては、人事も初めて、広報も初めて。

ただただ、あたふたする毎日。移行時間になんとなく違和感も覚えていました。

ひとりでまったく違う2つの会社を行き来しているような。

ところが慣れってすごいですね。

今もちゃんとやっているとは全く言えないですが、

2つの業務を行き来することに、まったくストレスを感じることがなくなりました。

どちらの仕事でもシームレスに対応が可能。

人事の仕事をPCで処理し、次に広報の業務で電話、次は人事の事務処理、と

交互にやっても、まったく違和感を感じなくなりました。

ということで、決してオススメしませんが、広報という陽の仕事と、人事という陰の仕事を両方するからこそ、

見えてくることも多いので、実はダブルキャリアを楽しんでいる今日この頃です。

スポンサーリンク