「どうせ〜」をうまく使う魔法

スポンサーリンク

自信がないときのビリーフ

「どうせ〜私なんて・・・」と言う

言葉が出てきたら、お宝です。

ビリーフが出てくるから。

今日のわたしなんて、まさにそれ。

「どうせわたしは部下から信頼していない」

「どうせわたしは部下から尊敬されていない」

「どうせ部下はわたしのことをみくびっている」

「どうせ部下はわたしの実力をすごいと思っていない」

「どうせ部下はわたしをどこの馬の骨だか?と思っている」

「どうせ部下はわたしが部長にふさわしいとはおもっていない」

出るは、出るはビリーフの山。

真逆にしてみよう

今日、「まわりの人と『うまく付き合えない』と感じたら読む本」(心屋 仁之助 著) を

読んでみました。

だって、本当にそう感じるもん。

そこでビリーフを思いっきりひっくり返そう!と書いてあったので

思い切って書いてみました。

「どうせわたしは部下から信頼されている」

「どうせ私は部下から相当尊敬されている」

「どうせ部下はわたしのことをすごい!と思っている」

「どうせ部下はわたしのことを仕事ができる人だと思っている」

「どうせ部下はわたしと一緒に仕事ができてラッキーと思っている」

「どうせ部下はわたしのことを、部長としてふさわしいと思っている」

真逆にして、唱えてみました。

・・・わからないけど、ちょっとだけ気持ちが軽くなったかも。

みなさまもお試しあれ。

この記事を書いた人

れもんはーと

れもんはーと

ブログをがんばるの、やめました。つれづれに綴っていきまーす。プロフィールの詳細はこちらから。