名刺を初めて自分で作った

名刺作りにあたふた

ようやく、個人事業主として、もう1回始めなきゃなーという気持ちになり
来週久しぶりに会う人たちの会合に行くので、思い切って名刺を作った。

いろいろ考えたけど、肩書きは進行形のものも含めて以下にしてみた。

編集企画・コンテンツ コンサル
編集者・ライター
広報・PRコンサル
心理セラピスト/企業研修
クリスタルボウル/カホン奏者

カホンなんて、あ、クリスタルボウルもか、奏者というほどできないんだけど
そういう意味では名乗るのは、かなり厚かましい。。。
でもねー、カホンは続けそうな気がするんだよね。。。
なので、奏者と先取りして書いておくことにした
肩書きだけ並べると、脈略なさそうだけれど、
本人の中では一致しているんだよね。

本当は肩書きというか、仕事について、
カウンセラーを軸に、他の仕事はお手伝い程度に、って思っていたんだけど、
思っていたよりも、編集・ライターの仕事が好きだし
広報コンサルもなんだかとっても楽しい。
そればかりしていて、カウンセラー業を疎かにしている気がしていたんだけど、
4回目の原始反射のセッションのときに、枠にはめなくていいなと気づいたんだよね。

複業、複職、複肩書きが当たり前

これからの時代、こうして複数の方向性も違う仕事を兼務する人が
多くなってくるのかもなーって思う。
仕事も住むところもコミュニティも。

先駆けてる、ぐらいに思っとけばいいよね、と思った。

ということで、プロフィール欄にも上の肩書きを入れてみた。

1年後には変わっているかもしれないけれど、だからこそ、面白いよね。
最近、地球を遊んでいるっという感覚が出て来て、毎日楽しい。