話すように書く技術はEvernoteで培った

スポンサーリンク

ブログを量産しようとすると、考えたことを素直に言葉にしていくのが一番早いと思います。そうはいっても、簡単にできるものではないと思うのですが、いまの私にできるのは、きっとEvernoteで日記を書き続けたおかげだと思うのです。

Evernoteを始めたのはずいぶん前になります。そもそも、吉越浩一郎さんの著書で「Evernoteは便利だ」というのを見て、アプリをダウンロードしてみたものの、2年ほど放置。ところが、Twitterをやるようになってから、「呟きたいけど、Twitterで人様に公開するようなものではない」というものをEvernoteに書き始めたのが、本格的に使い出したきっかけでした。それから、呟きが進化して、今日の出来事や反省になり、日記に進化していきました。日記といっても、数行の日もあれば、長々と愚痴や言い訳が書いてある場合もあります。Evernoteはなんでも収容してくれる寛大さがあるので、思いついたもの、書いたものをとりあえず収容するということを続けてきました。

スポンサーリンク

Evernoteで徒然なるままに書くのが習慣でしたので、ブログを書くこと自体もそれほど私にとっては苦痛ではありません。ブログ筋はないかもしれませんが、思ったことをそのままキーボードで文字にすることができます。

ですから、人様に伝えるような内容でないのでブログに書けない、ということがあったら、Evernoteに書いてみるというのはどうでしょう?きっと、それは将来的にネタとして昇華される日が来ます。だから、ネタを貯めるという意味でも、ぜひ取り組んではいかがでしょうか??自分だけの備忘録ですからね。格好つける必要もありませんしね。

ぜひお試しください!

スポンサーリンク