ホテル カンボン〜パリに来たら泊まりたいホテル2018〜

2018年、JALファーストクラスに搭乗したときに

パリの宿として選んだのは、

憧れのホテル カンボンでした。

ホテル カンボンとは?

ホテル カンボン。その「カンボン」とは通りの名前のことなんです。

パリのカンボン通り沿いに立つ可愛らしいホテルです。

カンボン通りで有名といえば、シャネルの本店です。カンボンというラインもありますよね。

あとは、フォレルパージュというハンドバッグブランドの本店もあります。

ホテル カンボンの内装

では早速、部屋の中を見ていきましょう。部屋は116です。

カーテンと壁紙がコーディネートされています。

窓の外はカンボン通りです。

向かいにカフェがあり、朝から晩まで賑わっています。

大通りのリヴォリ通りにも近いので、救急車の音もよく聞こえます。

ベッド側から撮影するとこんな感じ。

ホテル カンボンのバスルーム

バスルームです。白を基調にしたすっきりとしたデザインです。

朝食も少しずつ多種類を楽しめる

スクランブルエッグ、ソーセージなどから、生ハム、ヒーズ、サラダ、パン、シリアル、果物などが少しずつ、用意されています。

ジャムもどれもおいしそう。

バゲットも何種類かありますし、焼き菓子も置いてあります。

パンケーキなどもありますよ。

生ハム(右)が3種類、チーズ(左上)は4〜5種類が用意されています。

美味しいものをちょっとずつ、いただけますよ。

こういうスタイルは豊かな朝食だなと思います。

朝食付きと朝食なしのプランがあると思います。

16:00からはリフレッシュタイム

16時〜18時まではリフレッシュメントタイムとして、レモン入りの水やインスタントコーヒー、紅茶、焼き菓子がロビーに用意されています。

とても美味しかったです。

まとめ

カンボン通り、フォーブル・サントノーレ通り、ヴァンドーム広場、コンコルド広場などに近いので、

買い物や観光に行って、すぐに帰って来れる好立地のホテルです。

朝食も素材がよく、とても美味しいです。

1泊約4万円のホテルですから、これぐらいのサービスはあってもいいのかもしれません。

4万円というと高いイメージですが、ホテルが安いのは日本だけと聞きます。

これぐらいの好立地と品のいい雰囲気でありながら、この値段は

むしろリーズナブルかもしれません。

旅に興味があるなら、以下の記事はいかがですか?