湘南WSはこんなにすごかった②〜3回のセッション〜岡部明美・大塚彩子・立花岳志湘南3daysワークショップ(2018年6月30日〜7月1日)

スポンサーリンク

「岡部明美・大塚彩子・立花岳志湘南3daysワークショップ」はとにかくすごかった。

開催されたのは、6月30日(金)〜7月1日(日)までの2泊3日。

ワークショップを終わって見ての感想は、毎日、どんなワークをしたのかということを、

あまり覚えていないということ。

頭ではなく心を揺さぶられ続けたから、いつ何をやったのかなんて

些細なことだと思い始めている。

それでも、行くかどうか悩んでいる人のためにも、

自分のためにも書き記しておきたいなと思っています。

セッションは3回

3日間でセッションは3回ありました。

1回目は会社の人間関係の悩みについて

2回目は家族の悩みについて

3回目はパートナーシップの悩みについて

でした。

それぞれ、その人にとっては特有の悩みだと思うのだけれど、

セッションを聞いている間にギャラリーから自分ごとにどんどんなっていき

まるで自分がセッションされているように、涙が流れ、癒されていきます。

不思議な体験です。セッション、決して他人事ではありません。

会社の人間関係について

会社の人間関係に悩んでいる人は、たくさんいると思います。

ところが、それを突き詰めていくと、相談者の先祖まで遡っていくことになりました。

特に父方の先祖が仕事に関係がある様子。

わたしも仕事と結婚していることがわかったぐらいですから、

仕事大好き人間です。

そんな仕事大好き人間になったのは、

明らかに父の影響。

さらに、父からしか聞いていませんが、

祖父も曽祖父も、仕事に誇りを持っている人たちでした。

わたしは女性ですが、明らかに先祖の仕事観を引き継いでいる様子。

それを理解できたときはびっくりしました。

仕事観、仕事での人間関係に悩んでいる人は、

自身の父親の家系、祖父、曽祖父を紐解いてみてください。

仕事や仕事に関するビリーフで

理解できることがあるかもしれませんよ。

家族の悩みについて

家族の悩みを持っていない人なんて、いないと思います。

相談者のケースに必ずしもみんなが当てはまるわけではないですが、

聞いていくうちに「うちもそうだった!!!」と思い当たる節がたくさん出てきます。

我が家は母親がとても厳しい人でした。

わたしは厳しく躾けられました。

お姉ちゃんでもあったので「我慢は美徳」という感じでした。

裕福でもありませんでしたから、おやつもおもちゃも基本は買ってもらえませんでした。

それにとくに不満は感じなかったけれど、「ダメ」しか言われてなかったなーと思い出しました。

専業主婦だったので、母は家にいたけれど、

愛情を注いでくれたかというと、いつもうわの空だったように思います。

帰ってこない父親を彼女は見ていたのかなと思います。

そして愛情を注いだのは弟でした。

母には悪気がないと思いますが、

当時のわたしは「なんで弟ばっかり」とよく思っていました。

そんな自分を思い出すと、涙が出てきました。

小さかった”いちかちゃん”が一生懸命我慢していたんだなと

子供の自分を抱きしめてあげたくなりました。

本人と父親、母親とどう関係だったのかは

スポンサードリンク

ダイレクトにいろんな悩みに反映されています。

わたしは両親と特に問題はないのですが、

それは表面的にうまくやっているだけ、ということが

わかってしまいました。

本気で家族と相対していない。

だから、特に悩みもない。

今後どうしていきますかね?

パートナーシップについて

わたしは、パートナーシップに一番問題があると思って、

湘南WSに参加しました。

いつも同じパターンで別れるんです。

尽くして尽くして飽きられる・・・。

なんで私だけ?と思っていました。

でも、すがるからですよね。

相談者のケースと問題は全く違うのですが、

パートナーシップの関係は異性の両親との関係に関わるということは

薄々気づいていました。

それがWSで明らかになりました。

つまり父親との関係ですよね。

我が家は父親が不在でした。

仕事で忙しかったので。

それが当たり前だと思っていたけれど、

友人のお父さんは公務員だったので早く帰ってきていたみたい。

母親に「●●ちゃんのお父さんはお昼に帰ってくる」と言ったそうです。

そんなこと、気にも止めなかったけど、

WSで感じたのは、お父さんが帰ってこないのが寂しかったんだなーということ。

お父さんが恋しくて、遊んでほしくて、優しく接してほしくて

愛に枯渇していた自分を忘れられず、

パートナーシップでも尽くしてしまうのでしょうね。

自分が愛されている実感がなかったのもあるのだと思います。

父親にはそんなつもり、全くなかったでしょうが(笑)。

まとめ

家族関係って、ある意味難しい。

なぜなら、両親、祖父母との関係がそのまま、

パートナーシップ、会社での人間関係、仕事の仕方などの

人生の全てに影響するんですから。

でも、裏返せば、

家族関係から目を背けず、しっかりと向き合えば、

パートナーシップも会社での人間関係も

改善するのかもしれません。

わたしも逃げずに、家族と向き合おうと

”少しだけ”(笑)決心した湘南WSでした。

「岡部明美・大塚彩子・立花岳志湘南3daysワークショップ」に興味があるなら、以下の記事はどうですか?

スポンサーリンク