やりたいことは、なくてもいい

スポンサーリンク

やりたいことは全部やれ! (講談社文庫)」という大前研一先生の本がすきで、それが私の座右の銘のひとつです。

といいながら、やりたいことってなかなか見つかりません。私もよく「やりたいことなんてない!ずっとこのまま寝てたい!」とか、「もう一生起きなくていい」とか「ずっとぼーっとしていたい」と思うときもあります。特に、寝ること、食べること以上にやりたいことなんて、そうそうありませんよね。

「好きなこと」も同じです。「自分の好きなことを仕事にしたい!」と休職中、独立することも一瞬考えました。でも、ダメでした。「好きなこと」なんてなかったんです、私。寝食を忘れるほど好きなことなんて。なので、もう一度、会社員になることを選択しました。正直、正解でした。会社の持つミッションや会社に期待される役割を果たせばいいからです。ミッションは会社が考えてくれます。でも「自分の好きなこと」は、自分で探して自分で見つけるしかありません。相当年齢を重ねているつもりですが、寝食忘れるほど「好きなこと」が見つからなかったのは、ショックでした。

スポンサーリンク

でも、大上段に構えなくていいと、最近は思っています。「明日、夏物の買い物にいきたい」「おいしいスパゲッティを食べたい」でも立派なやりたいことです。こういう小さな「やりたいこと」を積み重ねていけば、大きな「やりたいこと」も見つかるんじゃないかなと思っています。

写真は私のやりたいことの一部。本当は仕事なんてせず、コテージのようなところで、ずっと執筆でもしながら暮らせたらいいなと思いますが、おしゃべりの私なので、そんな生活はあまり持ちそうにありません(笑)。

スポンサーリンク