【海外SIM】ヘルシンキ(フィンランド)、コペンハーゲン(デンマーク)で格安SIMを使うなら!

スポンサーリンク

ヘルシンキとコペンハーゲン、2拠点で使えるSIMは?

今回の旅行で選んだ渡航先は

ヘルシンキとコペンハーゲン。

ともにヨーロッパとはいえ、

少し離れているため、

両方使えるSIMがあるのか不安でした。

いろいろ調べて、以下のSIMをゲットしましたよ。

AIS プリペイドSIMカード データ通信 15日 4G/3G

7泊9日でしたので、一番最適なのはこれしかなく。。。

結論としては快適に使えました!

ヘルシンキ(フィンランド)ではOK

SIMを入れてヘルシンキに到着後に

スマホの電源を入れたら、

勝手にアクティベイトし

使えるようになります!

AISからメッセージが来ました。

AISはタイの会社なんですね。

左上のTalia Flが通信会社の名前ですね。

コペンハーゲン(デンマーク)でも大丈夫!

コペンハーゲンでスマホの電源を入れると

以下のメッセージが来ました。

同じく、通信会社はTaliaですね。

デメリットはほとんどない

レストランで予約をするときに連絡先を入れる必要があったのですが

AISはタイなので、タイの国番号(+66)を入れて

そこからこのSIMの連絡先を入力しました。

+66がどこの国番号か探すのに苦労しました。

また、ときどきタイ語でメッセージが届いたのですが、

全然わからず。。。

それぐらいですかね、不便だなと感じたのは。

まとめ

コペンハーゲン、ヘルシンキともにとても快適に過ごせました。

街中でwi-fiを探さなくても、

google mapでどこでもいけちゃうのでとても便利です。

もしどちらか片方でも、もちろん両国でも

訪れる方にはおすすめのSIMです!

ちなみに、ロンドン、ベルリンなら「Three UK プリペイド シムカード ヨーロッパ用 12GB ヨーロッパ、アジア、アメリカ使用可能」が使えました

以前、パリ、ロンドン、ベルリンを訪れたのですが、

そのときに使ったのは

Three UK プリペイド シムカード ヨーロッパ用 12GB ヨーロッパ、アジア、アメリカ使用可能

しかし、ロンドン(イギリス)、ベルリン(ドイツ)では繋がったのですが、

パリ(フランス)では全く繋がらなかったです。

ロンドン、ベルリンに行く人なら、おすすめ。

ちなみのちなみに、ニューヨーク(アメリカ)ならMOST SIM – アメリカ SIMカード インターネット 5日間 高速データ通信無制限使い放題 (通話とSMS、データ通信高速) T-Mobile 回線利用 US USA ハワイ

ついでに、ニューヨークに行った時に使ったのは、

MOST SIM – アメリカ SIMカード インターネット 5日間 高速データ通信無制限使い放題 (通話とSMS、データ通信高速) T-Mobile 回線利用 US USA ハワイ

こちらはネットで開通の操作が必要です。

前日開通しておくほうがいいので、

日程+1日のタイプを購入したほうがいいです。

わたしは最終日に全く使えず、ちょっとだけ不便でした。

最終日は朝から空港に行くだけだったので、

そこまで必要ではなかったですけどね。

ご参考まで!

海外旅行に興味があるなら、以下の投稿はいかがですか?

この記事を書いた人

長峰 市果

長峰 市果

人との出会いを大事にしています。将来はわたしの周りに集まる人々との間で大きなビジネスが作れたらうれしいなと思っています。詳細はこちらから。