JALファーストクラス搭乗記2018 |ロンドン→東京のファーストクラスの夕食

2018年、JALファーストクラスに搭乗したときの搭乗記です。

JALファーストクラス搭乗記2018

今回はロンドンからの帰り、機内での夕食の内容です。

行きの食事はこちら!

行きと同様のBEDDの食事を堪能

BEDDというのは、空の上のオーベルジュの名前です。

ベッドで休むファーストクラス、ビジネスクラスならではのシーンを想像させる「BEDD」というのが名前の由来らしいです。

BEDに続くDには、Dine(食べる) Delicious(美味しい) Dream(夢見心地)という意味がこもっているそうです。

行きに続き、ファーストクラスの洋食を選びました。

私の食べた夕食の内容

アミューズ・ブーシュ

トウモロコシのガスパチョ(右)
ミックスベリーコンポート

アペタイザー

蟹肉のタンバルとスモークサーモン、エビのマリネ イクラ添え

ブレッド

シャンパンブラウン

柔らかくて美味しかったですよ。

メインディッシュ

ブラックペッパー ビーフテンダーロイン マディラトリュフソース

デザート

パッションフルーツタルト
シンフォニーケーキ
シャンティイクリームとレッドカラント添え

紅茶 マリアージュ フレール マルコポーロ

まとめ

おなかがいっぱいで残してしまいましたが、テンダーロイン、とっても美味しかったです。

ソースが濃厚で、どんどん口に入れてしまう感じ。

付け合わせのポテトもトリュフが効いていて、悶絶しました(笑)。

アペタイザーの蟹肉のタンバルはパクチーが入っていたので、苦手な人にはおすすめしません。

スモークサーモンはクリームチーズと一緒に食べると。。。至福のひとときでした。

パッションフルーツのタルトも、酸味があってとても美味しい。

シンフォニーケーキは甘くて、パッションフルーツの酸味のあとに食べると

甘さ控えめでとても美味しく感じられました。

たぶん、両方食べることで口の中のバランスが保たれる、という感じ。

トウモロコシのガスパチョは、スープ的ではなく、固まっていたので新鮮。

ミックスベリーコンポートは、オレンジ色のベリーも楽しめましたよ。

全メニューはこちら!

アミューズ・ブーシュ

トウモロコシのガスパチョ
ミックスベリーコンポート

アペタイザー

キャビア
or
フォアグラソテーとブリオッシュフレチトースト
アップルジャムとホワイトボートワインソース
or
蟹肉のタンバルとスモークサーモン、エビのマリネ イクラ添え

メインディッシュ

ブラックペッパー ビーフテンダーロイン マディラトリュフソース
or
鶏胸肉のバターミルク風味 バーボンシロップ
or
スズキのソテー
カシューナッツブラウンソース

ブレッド

デザート

パッションフルーツタルト
シンフォニーケーキ
シャンティイクリームとレッドカラント添え

コーヒー 紅茶

ちなみに和食はこんな感じ

ファーストクラスの旅に興味があるなら、以下の記事はいかがですか?