東京⇄ヘルシンキのJALビジネスクラス旅

スポンサーリンク

ヘルシンキまでのビジネスクラス旅行

今回もエコノミークラスの金額で

ビジネスクラスにアップグレードしました。

JALカードのおかげでマイルが溜まっています。

ヘルシンキまでは6月ですが、片道33000マイル、

計66000マイルかかりました。

エコノミークラスの往復は35万円。

行きは4時間は熟睡できたので

とても快適でした。

成田のSAKURAラウンジ

シャンパンは安定の「ヴァルフォルモサ クラシック ブリュット」。

そして、食べたのはカレー。

朝からね。美味しいんです。はい。

東京→ヘルシンキのビジネスクラスのシャンパン

機内のシャンパンは

「ハイパーエドシック・エッセンシャル エクストラブリュット N.V.」

でした。辛口でした。

同じものがみつかりませんが。。。

ニューヨーク、パリとは違う銘柄ですね。

ちなみにニューヨーク、パリは

「ドゥラモット ブラン・ド・ブラン N.V」

でした。

ドリンクメニューはこちら!

東京→ヘルシンキのビジネスクラスの夕食

夕食、食べなかったんですけどね。一応ご紹介。

和食「くろぎ」黒木純シェフ

先付
胡麻豆腐 山葵のせ
とうもろこしのフラン ウニ添え

薫風
唐墨と蕎麦の和え物
厚焼き玉子
丸十蜜煮
あんず蜜煮
夏野菜の胡麻クリーム
うざく
辛子酢味噌
本鮪のお造り

菊煮 甘酢漬け

合の物
和牛焼きしゃぶ
銀鱈西京焼き

やきたてのごはん

味噌汁

香の物

甘味
抹茶の浮島
緑茶

洋食「レフェルヴェソンス」生江史伸シェフ

オードブル
キスと枝豆のヨーグルト和え
鶏胸のマスタード インゲンのじゅのべーぜ
蒸し鮑の肝ソース
南瓜とシェーブルチーズ、アーモンドのサラダ ミョウガのピクルス

メイン
和牛サーロインステーキ
コールラビソース、ズッキーニ添え

魚介類のアメリケーヌソース
サワークリーム添え

メゾンカイザー特製ブレッド
プチナチュール
プチアサス

デザート
白ごまのブラマンジェ
コーヒー 紅茶

ニューヨークの行きのフライトも生江史伸シェフでした。

ちょっと味が濃いイメージだったのと

爆睡していたので、食べませんでした。

せっかくのビジネスクラスですけどね。。。

メニューはこちら。

東京→ヘルシンキのビジネスクラスの軽い食事

わたしはフルーツの盛り合わせとヨーグルトを食べました。

軽いお食事
タジン風クスクスサラダ
JAL The Curry

麺類
JAL特製「Japanese Soba Noodels蔦」醤油ラーメン
山菜うどん

サンドイッチ
シュリンプとクリームチーズのサンドイッチ
三元豚のカツサンド

チーズセレクション
各種チーズ盛り合わせ

リフレッシュメント
フレッシュフルーツ
ヨーグルト フルーツソース添え
ハーゲンダッツアイスクリーム
バニラ、抹茶、クリームチーズタルト

メニューはこちら。

東京→ヘルシンキのビジネスクラスの朝食

わたしは洋食のサンドイッチを。

トリュフが上に乗っている

トリュフ味の卵サンド。

もちろん美味しかったです。

意外としっかりしたお味でした。

取り置きしておかないと売り切れていましたので

もし食べたい人は取り置きをお願いしましょう。

この日は「軽いお食事」のメニューも含めて

サンドイッチは人気だったようです。

フミコの和食

台の物
ローストビーフの夏野菜包み 胡麻だれ
厚揚げのカレーおでん風

お椀
赤だし

ご飯 大根、胡瓜ぬか漬け、柴漬け

フミコの洋食
メインディッシュ
トリュフの卵焼きサンドイッチ
コルニション
*オリーブオイルときゅうりのピクルスでした

洋定食
パンチェッタとほうれん草のキッシュ トマトソース
フレッシュフルーツ
クロワッサンとベサン

ヘルシンキ→東京のビジネスクラスの夕食

帰りは食欲がなく、

JAL特製『 九州じゃんがら』 ヘルシーラーメン

にしました。

お肉を使っていないということでしたけど

美味しかったですよ。

以下がメニュー。

ちなみに成田でマットレスのプロモーション

     

みんな、本気で寝転がっていましたよ。

体験型のプロモーションはいいですね。

西川「エアー」

大谷翔平さん、田中将大さんなどを

起用しているマットレスですね。

まとめ

今回は行き、帰りとも

食事を堪能できませんでしたが

いつでも食べたいものが食べられる環境だからこそ

スキップできるわけです。

JALカードをせっせと使って

ビジネスでフライトできるように

ポイントためまーす。

ビジネスクラスの旅行に興味があるなら、以下の投稿はいかがですか?

この記事を書いた人

長峰 市果

長峰 市果

人との出会いを大事にしています。将来はわたしの周りに集まる人々との間で大きなビジネスが作れたらうれしいなと思っています。詳細はこちらから。