【Evernote】Evernoteから乗り換えるべく、Google Keepを使ってみた

最近のEvernoteに不満があります。「同期に失敗しました」というアラート何もしていないのに、毎回出てくるようになりました。

同期できていないことはないようなのですが、理由なく出てくるので小さなストレスが積み重なっています。

先日作った「引っ越しプロジェクト」のノートは、写真をたくさん貼り付けているためか、同期がかなり遅かったり、ノートを開けるのに時間がかかったりします。通信速度もあるのでしょうが、この1年同じ回線を使っているので、それが突然遅くなったとも思えず。なんだか不便だなーと思い始めています。

私のEvernoteへの頼り方、実はすごくて2万ノート以上あります(笑)。何を記録しているのかと言われても、ありとあらゆるものです。ちょっとした愚痴から日記、ブログの原稿、食事の記録など様々です。

ですが、Evernote Foodがなくなったころから、不信感が募っていったのだと思います。

お知らせ:Evernote Food のサポート終了について

Evernote専用のスキャンスナップも持っています。名刺整理に重宝していましたが、最近はもっと便利な名刺管理のアプリが出てきました。EvernoteではOCRで検索できても、そのデータをデータとして使うことはできないからです。その画像を見ながら、自分でメールアドレスなどを打つ必要があります。Evernote専用なので、楽なのですが、文書やレシートを自動に仕分けるというわりに、実際には出来ないので、仕分けしてからスキャンせねばならず、そのうち面倒でスキャンしなくなってしまいました。

と、いろいろと小さな不満はあるのですが、それでも頼っていました。

最近のアクセスの台数を減らすというのは、有料版を使っているので特にキッカケにはならないのですが、Evernoteの役割が制限されている様子を見ると将来が不安です。有料版もいきなり値上げしていますしね。

こういうサービスって、最後は持続可能性の高さが大事だと思うわけです。一方で、なにかに頼り切ってしまい、それがなくなっては、自分のデータの持続可能性
なくなるので、そのリスクも分散しないと。そのバランスを考えると、Evernoteに頼りきりの私の生活もそろそろ変えなければ、という危機感からいろいろアプリを探し始めました。

まずは、Google Keepです。ということで、このブログの下書きを書いていますが、特に不満はなく。タッチ画面への反応がちょっと遅いかな、と思います。指でタッチしても、思うところにカーソルが動いてくれませんが、それはそのうち慣れるでしょう、ということで。

写真も残せるし、音声も残せるし、文字はもちろんシームレスにいろんなデバイスで見れることも確認。便利そうなので、しばらく使ってみようと思います!