小川珈琲店 カフェインレスブレンドで、カフェインレスMCT入りバターコーヒーを試してみた。バターコーヒーのカフェインが気になる人にはピッタリ!

スポンサーリンク

小川珈琲店 カフェインレスブレンドで、カフェインレスMCTオイル入りバターコーヒーを作ってみました。

バターコーヒーダイエットを続ける中でカフェインが気になりだした

毎朝、MCTオイル入りバターコーヒーでダイエットを続けています。

自宅で作業の日には、できるだけ朝、昼とMCT入りバターコーヒーで済ますようにしています。

ところが、1日に4杯ほど飲むことになるので、カフェインのとりすぎを心配していました。

さらに、カフェインは9時間は残ると言われるらしく、入眠時間に残らないようにしたいなと考えていたところでした。

昼はカフェインのないコーヒーがいい

あるとき、昼はカフェインの少ないコーヒーに変えることで、気になる点を改善できるのではと考えました。

そこで思い出したのがディカフェ(カフェインレス)コーヒーです。

ニューヨークでは手軽に買えた

カフェインレスを知ったのは、ニューヨークで暮らしていたとき。そこまで味が落ちないカフェインレスをコーヒースタンドで気軽に買えました。

それゆえ、カフェインレスを好んで飲むこともありました。日本に帰ってきてからは、探すのはとても難しかった(10年ぐらい前です)。スターバックスぐらいだったと記憶しています。

いまはスーパーで買える時代

ところが、先日成城石井でいつも飲んでいる小川珈琲のカフェインレスを見つけました!!そこでひらめきました。カフェインレスなら、カフェインを心配せず、MCTオイル入りバターコーヒーが飲めますよね。

ということで、早速飲んでいますが、味はいつもより酸味を感じるぐらいで、おいしくバターコーヒーをいただけました。我ながらナイスアイデア!!

まとめ

わたしは成城石井で小川珈琲店 カフェインレスブレンドを買いましたが、アマゾンにもありましたよ。

スポンサーリンク

わたしはいつも飲んでいるのが「小川珈琲店 小川プレミアムブレンド」か「小川珈琲店 有機珈琲オリジナルブレンド」なので、美味しく飲めたのかもしれません。

MCT入りバターコーヒーのカフェインが気になる人は、ぜひお試しください!

via PressSync

スポンサーリンク