Fitbitにも感情がある?忘れてしまって不安な1日【日記ブログ】

スポンサーリンク

Fitbitを手放したことがなかった

Fitbitを愛用して2年目です。

一昨年の誕生日に買い、そこからほとんどの時間を

一緒に過ごしています。

特に、夜寝る時は、必ず。

睡眠の質を測るためです。

ところが昨日不覚にも、カフェに忘れてきました。

昨日は取りにいく時間がなくて、

現在、手元にない状態。。。

Fitbitは「もう必要ないかも・・・」と思ってしまった

実はその前日、ふと、

「Fitbitはもう必要ないかも」と思ってしまったのです。

睡眠の質に、興味がなくなってきたんです。

睡眠の質をあげるために

寝る直前にお風呂に入ったり、

運動をしたりしても、

あまりいい結果でない日が多い。

一方で飲んで帰った日のほうが

通説だと睡眠が浅くなると言われるのに、

理想的なグラフを描く睡眠が取れていたりする。

それにいい睡眠が取れても

次の日はひどかったり。

毎日続けることが必要なのですが、

冬なのか睡眠の質がよくならず、

ちょっと諦めかけている感じです。

そう感じていたから、置き忘れたのかも。

やっぱりFitbitがないと・・・

取りに行くまではFitbitなしの生活です。

すでに、何かが足りない感じ。

そわそわする、不安な感じです。

ほんと、家電って生きているわけではないけれど、

感情があると思います。

新しいPCを買ったとたん、

昨日まで元気に動いていた古いPCが

突然壊れたりとかね。

Fitbitに、もう要らないかな?という

わたしの思いが通じてしまった。

だからカフェから出るときに

「忘れているよ」という波動を

発してくれなかったのかも。

Fitbitのありがたみを

しばらくは噛みしめることになりそうです。

「Fitbit Alta HR」 に興味があるなら、以下の記事はいかがですか?