JALファーストクラス搭乗記2018|東京→パリのファーストクラスのドリンク

スポンサーリンク

今日はラウンジから機内までシャンパンづくしでした。

ラウンジのシャンパン

ラウンジに入ると、スタッフの方が来られて、おしぼりを渡され、ドリンクを聞いてくれます。

シャンパンをオーダーすると持って来てくれました。

バーのほうにあるシャンパン「ローラン ペリエ」をわざわざ出してくださいましたよ。

ラウンジに置いてあるシャンパン「ドラピエ カルト・ドール ブリュット」は飲みませんでした。残念!

ファーストクラスのラウンジについてはこちら!

ウエルカム シャンパン

搭乗すると、キャビンアテンダントの方がシャンパンかオレンジジュースはいかがですか?と来てくださいます。

もちろんシャンパンを選択。

銘柄聞くのを忘れました。「ドゥラモット・ブラン・ド・ブラン」のようです。

夕食のシャンパン

スポンサーリンク

アペタイザー、ひよこ豆のペーストとともに運ばれてきたのは「ルイロデレール クリスタル2009」。

今年から導入されたようです。とても美味しい。

目覚めのあとは紅茶

目覚めのあとは「ロイヤルフルーティークリーンオブブルー」をいただきました。

ワインボトルに入っていますが、アイスコーヒーです。

すっきりとした飲み口で苦味もありません。

かなり気に入りましたよ。

まとめ

シャンパンは制覇したい!と思いましたが、朝から5杯ぐらい飲んでしまったので、

最後のほうは、かなりの酔っ払いでした。

普段でも5杯も飲まないのに、機内だと酔うといいますからね。

もちろん、機内でいただいた「ルイロデレール クリスタル2009」が一番美味しかったですが、

最初の1杯目の「ローラン ペリエ」もとても美味しかったので、コスパはいいかも!

JAL 日本航空

ファーストクラスの旅に興味があるなら、以下の記事はいかがですか?

スポンサーリンク