JALファーストクラス搭乗記2018|東京→パリのファーストクラスの間食

スポンサーリンク

夕食だけでなく、間食も楽しみです。

たくさんあるメニューからどれを選ぼうかな、と考えるだけでも

ワクワクしてしまいます。

わたしが食べた間食

出発から6時間ぐらい経過してから眠くなり、4時間ほどぐっすり寝ました。

起きて、お水を飲んでお腹がすいたなーと。

そこでやはり食べたくなるのは、麺類ではないでしょうか?

ということで、ラーメンをチョイス。

JAL特製「Japanese Soba Noodles」蔦 醤油ラーメン

です。

ちょっと暗闇でとったので、こんな写真ですが。。。

味はあっさり醤油ラーメンでした。

へんにこってりしていないし、王道。

ポーションも小さくて、小腹が空いたというニーズにちょうど対応できます。

機内食って、奇をてらってはいけないなと思いました。

想像通りの美味しいものを出す、これが機内サービスの鉄則だと感じました。

夕食のデザートの前にチーズを楽しむ

シャンパンのお供にどうですか?とキャビンアテンダントから勧められたので、食べてみました。

右上から反時計回りに
二世古ミモレット with ピーカンナッツ、枝付きレーズン(国産ハード)
ジャパンブルーおこっぺ with オレンジはちみつ、マイクロトマト(国産ブルーチーズ)
サムソ with クラッカー(デンマーク産セミハード)
サントモールヴェーポーシュ with イチジクとくるみのパン(フランス産シェーブル)
ブリドトカチ with あまおうイチゴジャム デトロイト(国産白カビ)

国産のチーズにこんな美味しいものがたくさんあるのだと驚きました。

なにより、組み合わせのジャムやはちみつもとても美味。

シャンパンが進みましたよ(笑)。

朝食のあとに季節のフルーツ盛り合わせ

朝食のあとに欲張ってもう1品ということで、季節のフルーツ盛り合わせをいただきました。

スポンサーリンク

盛り付けがキレイ。

りんご、オレンジ、パイナップル、メロン、ブルーベリー、キウイ、イチゴ

7種類も出て来たのですね。美味しかったです。

まとめ

すべて制覇したいと思わせるラインアップです。

でもそうするには大人数でファーストクラスにのって、

分担しないといけないかも(笑)。

全アラカルトメニュー

空のお取り寄せ

大分県産 料亭若栄屋 殿様鯛茶漬け

お酒のお供に

国産黒毛和牛の時雨煮

串盛り合わせ
和牛サーロイン串
アスパラベーコン串
鶏もも串

軽いお食事

ベジ ヤムウンセンサラダ
〜お野菜を中心としたメニューです〜

宮崎のカレーの名門 味のガンジス「宮崎和牛カレー」

春野菜のミネストローネ

麺類

JAL特製「Japanese Soba Noodles」蔦 醤油ラーメン
〜トリュフオイルの豊かな香りをお楽しみください〜

山菜うどん

サンドイッチ

生ハムとチーズのサンド

三元豚のカツサンド

チーズセレクション

各種チーズの盛り合わせ〜ワインとともに〜

リフレッシュメント

季節のフルーツ盛り合わせ

プチデザートのトレイ
苺タルト
サブレシュー

ショコラ
Jean-Paul Hevin “フルール”
JAPAN AIRLINE オリジナル

JAL 日本航空

ファーストクラスの旅に興味があるなら、以下の記事はいかがですか?

スポンサーリンク