「Osho Zen Tarot 和尚禅タロット」で自分の心と対話:POSSIBILITIES(可能性) 【今日の1枚】

スポンサーリンク

おはようございます。

今朝引いたカードはこれ!

今朝の1枚は「POSSIBILITIES(可能性)」。

カードを見て感じたこと

またですね。。。

OSHOから何度もメッセージが出されているのは

何でわからないんだ!!と言われているようで

悲しい。。。

カードの意味

カードの解説を見ると、このような一文が。

安易に満足してはいけない。安易に満足している者たちは、いつまでたっても小さいままだ。

満足しているつもりはないけど、

たしかに小さくまとまろうとしているかも。

対処法を聞く

何度も同じカードが出てくるので、

何に関するPOSSIBILITIESなのか聞いてみました。

またその対処法も。

1)可能性とは何を意味しているのか?
2)そのためにどうすればいいのか?

出たのが以下のカードでした。

1) FOOL(愚者)
2) NO-THINGNESS(無)

「NO-THINGNESS(無)」!!日曜日に出たばかり。そして、4回目!!

解釈しました

先日、「CLINGING TO THE PAST(過去への執着)」を引いたときと

メッセージはほぼ同じですね(苦笑)。

なぜなら、TRUST(信頼)とFOOL(愚者)のメッセージが

同じだから。

TRUST(信頼)は空を飛んでいます。

FOOL(愚者)は崖から飛んでいます。

どちらも将来を信じて、自分を信じなければ

飛んではいけない。

TRUST(信頼)のほうは、

大丈夫だから飛んでいけ、というイメージですが、

FOOL(愚者)は

ごちゃごちゃ言わず、さっさと飛べ、

という感じでしょうか。

スポンサーリンク

あー、バンジージャンプみたい。

そういえばTRUSTの解説にも

バンジージャンプってあった気がします。

そして、そのためには

NO-THINGNESS(無)を意識すると。

「無」というより、「空」ですね。

うーん、同じメッセージが出ているけど、

具体的には思いつかない。

FOOLの解説では

自分の直感、物事の「正しさ」という自分のフィーリングを信頼することができたら、あなたは間違うことなどありえないことを示しています。

NO-THINGNESSでは

それは潜在能力、絶対的な潜在能力だ。

という言葉が心に残りました。

まとめ

今日は以前の職場の最終出社日です。

未練が残りそうなのです。

なんで辞めちゃったんだろうって。

それほど大好きな会社でした。

その未練を残さずに

次に行きなさいってことかな??

いや、No-thingsnessには

「潜在意識」という意味もあります。

もっと潜在意識と会話しないと

いけないみたいです。

いや、つまり潜在意識なんだから、

わからない。

わかろうとしないことが

大事なのかもしれません。

「OSHO ZEN TAROT」に興味があるなら、以下の記事はどうですか?


via PressSync
via PressSync

スポンサーリンク