ホテルから台湾桃園国際空港までMRTで行ってみた【初めての台湾】

スポンサーリンク

タクシーに乗れば、台北市内から台湾桃園国際空港まで50分。

1500元(約4470円)ぐらいだとガイドブックに書いてあります。

でもそれだとつまらないな、MRT(地下鉄)で行ってみたいなと

思いました。

台北駅(台北車站)の乗り換えは遠い

台北駅(台北車站)から地下鉄の桃園捷運機場線に乗り換えます。

ただし、板南線や淡水信義線という

市内を主要地下鉄の駅から離れているので

移動時間を加味した乗り換えが必要です。

前日の予行演習では新幹線に乗りそうになった

わたしはちょうどフライト前日に台北駅(台北車站)に行ったので

板南線の台北駅から桃園捷運機場線の台北駅まで

歩いてみました。とても迷いました。

また、HSR(台湾高速鉄路、いわゆる新幹線)も乗り入れているのですが、

桃園という駅があったので、HSRでも行ける!と

最初は勘違いし、HSRの乗り場を確認していました。

HSRが止まる桃園は空港ではありません。

ぶっつけ本番で行ってたら、空港につかないところでした(汗)。

何事も準備は必要ですね。

板南線や淡水信義線の台北駅(台北車站)からは

この桃園捷運機場線(Taoyuan Airport MRT)の文字を頼りに

歩いていきましょう。

15分もあれば、さすがに着くと思います。

慣れている人は5〜6分だそうです。

わたしの足で10分。

ここまで来たら、大丈夫!

エスカレーターを降りると入り口です。

向かって右側のEXPRESSのホームに行ってくださいね。

これがEXPRESSのホームですよ、と書いてあるらしい。

地下鉄のホームです。

スポンサーリンク

車内。とても綺麗です。

Wi-Fiも飛んでいます。

JALは機場第二航廈站(第2ターミナル)だったので、

終点でおりました。改札を抜けたら

「出境大廳(出発ロビー)」の文字を発見。

JLがあったので、こちらから行けば大丈夫でした!

まとめ

難関は台北駅(台北車站)からの乗り換えだけで

MRTに乗ってしまえば、あとは特に迷うことはありませんでした。

これで160元(537円)、時間も40分程度。

スーツケースがそれほど大きくないなら、

使える移動手段だと思いました。

お試しあれ!

台湾に興味があるなら、以下の記事はいかがですか?

スポンサーリンク