台湾桃園国際空港のJALラウンジは小規模だった!【初めての台湾】

スポンサーリンク

台湾桃園国際空港のD6近くにあるのが

JALのビジネスクラス用のラウンジ。

3時間のフライトでファーストクラスは用意されていなかったので、

このラウンジがJALでは一番上だと思います。

入り口はこんな感じ

入っての感想は・・・

小さい!!

これならJALの福岡のラウンジのほうが

よっぽど広いし美しい。

食べ物が並んでいるところ。

食べ物のメニューはこんな感じ。

エビシュウマイ、シュウマイ、肉まん、チャーシューまんじゅう、ビーフカレー、お味噌汁、トマトスープ、野菜炒め、鳥のカシューナッツ和えなどの前菜3種、ビーフン、チャーハン、サンドイッチ、パン、おにぎり、おいなりなどなど。サッポロビール、ジュース、ケーキ

カレーはピリ辛。

シュウマイは絶品でした。

美味しかったですよ。

シャンパンチェックはできず・・・

着いたときは、シャンパンがあったのですが、

いざ飲もうと思ったときには、下げられていました。

1時間ほど滞在していましたが、新しいシャンパンは出て来ず。。。

仕方がないので、白ワインをチェック!

スポンサーリンク

コンチャ イ トロ フロンテラ シャルドネ

有名なチリワインだそうです。

シャンパンじゃないので飲んでいません(笑)。

まとめ

3時間のフライトですし、

台湾桃園国際空港の保安検査所は混んでいるので

長居することもありません。

そう考えるとこの規模でいいのかも。

ただ、ビジネスクラスなので

期待度はどうしても高くなってしまいます・・・よね?

台湾に興味があるなら、以下の記事はいかがですか?

スポンサーリンク