ダイエットの停滞を打破したのは揚げ物だった!?

スポンサーリンク

体脂肪が減らなーい!

ここ1週間ほど、体重が減らない時期がありました。

1日1食しか食べてないのに。。。

体脂肪の落とし方を調べたり、

1日1食に関する情報を集めたりしていました。

そんな中、友人とランチを外食する機会がありました。

その日はランチ1食、夜はサラダなど簡単に済ませるつもりでした。

友人が選んだのは。。。カキフライのお店!!

もちろん、カキフライが美味しいなら、カキフライを!とチャレンジしましたよー。

お店に入る前から少々心配ではありましたが。。。

案の定・・・

食後しばらくしてからが大変でした。

家にたどりつく前に異変が。。。

しかたがなく、帰宅途中で下車して、百貨店のトイレに。。。

とにかく、トイレから出れません。。。

ちょっとましになったタイミングで再び移動し、

なんとか帰宅。そのあと、またトイレ。。。

そして、そのあとに体重を測ったら、朝よりも体重が減っていたのです!!

それならと、玄米かゆなど胃にやさしいものを

少しだけいただくことにしました。

これまでカキフライでこのようなことになったことが全くないため

ファスティングによって胃腸の状態が変わっているのだと実感しました。

体は素直ですね、感謝。

まとめ

停滞期だったのが嘘のように

その後はスルスルと順調に体重が落ちました。

おかげさまでようやく、まずは目標としていた

コロナ前の体重に戻りましたー!

パチパチパチー

でも、これって「毒をもって制する」パターンですよね。

意図せず、毒をもって停滞期を脱することができました。

毒も使いよう、揚げ物も使いよう、

体にいいものばかりではなく、体に悪いものも、やはり必要なのだと思った次第です。

ま、体調に自信がある人にしかオススメできませんが、

何かのときに思い出していただければと。

ということで、これからもしばらく

1日1食を続けていきたいと思います。

ダイエットに興味があるなら、以下の投稿はいかがですか?

この記事を書いた人

れもんはーと

ブログをがんばるの、やめました。つれづれに綴っていきまーす。プロフィールの詳細はこちらから。