【うめちゃんの発酵教室】「3週間で出来上がる白味噌クラス」で美味しい白味噌を作ろう!

スポンサーリンク

2018年4月7日、「【うめちゃんの発酵教室】3週間で出来上がる白味噌クラス」に参加してきました。

わずか3週間で食べられる白味噌

今年1月に「【うめちゃんの発酵教室】寒造り!究極の素材 自然栽培の『さといらず』で味噌仕込み」を受けました。

このお味噌はじっくり時間をかけて作るので、早くても食べられるのは9月下旬。

ところが白味噌は3週間で食べられるようになるとのこと。

大事なのは塩きり

基本の作り方はさといらずの時と同じです。

白米麹に塩をまんべんなく混ぜ合わせる、塩きりから始まります。

続いて、圧力鍋で炊いた(クラスではうめちゃん先生がすでに炊いてくださっています)大豆を手の腹で潰していきます。

きれいに潰れたら、塩きりした白米麹と混ぜ合わせます。

次に味噌ボールを作りますが、今回はジップロックに入れていくので、さといらずの時のように、力任せにボールを投げつけることはありませんでした(笑)。

直射日光に当てずに放置

ジップロックに入った状態で、冷蔵庫には入れず、直射日光の当たらないところで保存。

スポンサーリンク

3週間で完成です!

なんて簡単!!

試食タイムでホクホク

「うめちゃんの発酵教室」でのお目当のひとつが、実は試食(笑)。

今回は、さくらご飯、こごみの白味噌からしあえ、マグロとネギの白味噌和え、白菜のスープ。

白味噌の料理の仕方もわかるのでありがたい。

まとめ

1kgの白味噌を持って帰ってきました。

酒精の入っている市販のお味噌は発酵を止まっていると聞いてから、ちゃんと発酵しているお味噌が食べたいと思ってきました。

あと3週間すれば体にいいお味噌が使えます。

そう考えるだけで、いまからワクワクです!

4月 Kitchen Beeで開催の「発酵食クラス」「イベント」カレンダーはこちら。

白味噌作りに興味があるなら、以下の記事もいかがですか?

スポンサーリンク